2017年06月28日

インプラントの再治療や再スタートは経験値が重要【はいから掲載コラム】

注)この文章は、アクティブシニアのための生活総合情報誌「はいから」に掲載された院長高田によるコラムを許可承諾を受けた上で、転載したものです。

インプラント治療をうけた後、海外での暮らしが長く続き、メンテナンスに通えなかったという練馬区にお住まいのSKさん(55歳女性)のお話です。

●インプラントのケア長い海外生活で疎かに


18年前に左下奥歯をインプラントにしたのですが、1年ほど前、被せ物が割れてしまった。長い海外生活でメンテナンスをしていなかったため困っていたSKさん。「何とかしてあげて」という知人の紹介で来院された。診断するとインプラントの経過は良好で、また、実績のあるメーカー品を使用していたため、今でも部品が入手可能で、被せ物を造り直して、かみ合わせの調整をして終了です。

ただ、様々な種類のあるインプラントの不具合に対処するには、少なくとも年間で百本以上はインプラントをこなしている臨床の経験が不可欠なのですが、そういう歯科医はそれほど多くいないため、インプラント治療を受けた歯科へ通院出来なくなった患者さんも当院を多く訪れています。

●長期的治療計画を支える 患者とのコミュニケーション


治療には長期的な視点と患者さんとのコミュニケーションは欠かせません。インプラントは治療後の十分なケアが長く持たせるコツですので、定期的につい通院していただく事が重要です。

おかげさまで当院のインプラント治療も毎年700本以上の実績を残せておりますが、インプランのケアの重要さをお分かりいただくため、当院で施術したインプラントの予後は全て無料で診断をしております。

本コラムが掲載されている生活総合情報誌「はいから」のwebサイトはこちら
はいからEST
posted by 高田歯科クリニック at 12:10| はいから掲載コラム